上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



English to follow
晴れて無職に!

会社の最終出社日は、意外に大変だった。各オフィス間の移動と、各地での片付け、挨拶など。

みな「スペインのどこ?!」「いつから行くの?」と、当然ながら質問するので、
なんかもう、まるで、ボタンを押すと「マドリッドです。8月29日です」と答えるロボットになったみたいだった。

みんな心配して聞いてくれてるのだから、こういう場合は、ちゃんと退社の挨拶メールに中途半端にではなく、きちんと説明をつけておくべきだった。

長いこと一緒に働いてきた人たちに別れを告げると、感無量で目頭が熱く・・・。

大きな花束(花束、というレベルでは既にないが)など頂いたので、一旦帰宅して、汗だくだったのでシャワーを浴び、待ちに待った送別会へ。

仲の良い人たちばかりが来ていて、本当に嬉しかったんだ。
こういう場を設けてくれた同僚に、心から感謝。

宴は続き、踊り狂い、魂が抜け、燃え尽きたところで、解散。タクシーに乗る前に副社長が、「はい、これ。」といって、それまで大事そうに抱えていた 焼酎 のボトルをくれた・・・・。
タクシーの中で、また目頭が熱くなるのだった・・・。


わがままで、適当な自分を長い間面倒見てくれたみんな、ありがとう。

そういうわけで、次の日は、二日酔いで動けない無職第一日目となった。
---------
Finally, I was freed!

The last day at office was surprisingly busy to move between offices, pick up my personal belongings, and say goodbyes to friends.

It was as if I became a robot which spoke "Madrid, from 29th of August" each time a button was pressed.
Everyone asked the same questions because they worried about me, so I should have explained more details in the good-bye email.
Tears started forming in my eyes when I said goodbyes to the people whom I had worked with.

I went back to home once bringing a big bouquet and took a quick shower before attending to the farewell party.
I was very glad that I could talk with my best office mates, and I really appreciated my friend who arranged that nice party.

The party night was long, we drunk and danced a lot, and finally my soul left the body... Before I took a cab, the VP gave me a bottle of Shochu...and that moved me to tears again....

I thank everyone most sincerely for everything helped me for a long time.

The next day was the first day for me to live as an unemployed person. But of course I couldn't get up until the evening due to hangover.

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/63-75748bef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。