上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでに4校受験して、一体いくら使ったのか?!怖いもの見たさで調べてみた。

私費留学だし、当然安く済ませようと、最低限のことにしか使わなかったけど・・・・・




これが合計金額だ。


ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!なんで!!!!!

既に100万円以上かかってる!!!!!

・゚・(ノД`;)・゚・
ぜぇぜぇ

で、見てると一番腹が立つ節約できたのはGMAT受験料。
4回も受けてるし・・・・・・・挙句あのスコアかよ( ´,_ゝ`)プッ 
しかもKaplanでGMAT対策講座通ったじゃない・・・・

それとねえ、Resume添削を某予備校Kに出したのだけれども、イマイチ役に立たなかった・・・・
ま、CVの書き方は色々個人によって使うフォーマットが違うのでまた別んとこ出したら今でも直されるかもしれないけど。

それから、Fedexを使う必要があったのか・・・。安心・確実、ってことで多少目をつむったけれど、郵便局のアレでも今は充分確実に届く気がする(Trackingできないのがイタイけど)。
というか、Last Minuteで出して早さを求めたわたしが悪いんです。

あと、絶対避けられなかったのはRecommendationだ。
これは、日本人上司が書いたレターを、英文を添削するよう言われてたので、オンライン添削をしてもらったのだ。これは仕方がない。

Essay添削はアメリカのオンラインのサイトを使ったが、12本のエッセーを他で添削してもらってたら、きっとそれだけで数十万いったに違いない。大分気をつけたのは、添削でも「英文法だけを直す」ものと、「構成や内容について講評してくれるもの(直すのはあくまで自分)」とあるので、それもあって敢えてアメリカのやつを使ったんだ。

何はともあれ、時間さえかけてきっちりやっていれば、GMAT対策も要らなかったし、Essay添削ももっと少なくて済んだはずだ。


つっても、もう二度とこんな受験経験したくないけどね。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。