上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、いよいよビザ申請しにスペイン大使館へ出頭した。
結論から言うと、書類不備で申請却下だった。


だが、色々な経験や発見をしたので、記録のために書いておこうと思う。


各書類のコピーをとるため、途中コンビニに寄った。
しかし、溜池山王の○ァミリー○ートのコピー機は両面コピーができない事を知る。
大使館からは、「両面コピーを一部、ご用意してください。」と念押しされているのだ。
そして、大使館にはコピー機は、ない。


まず片側印刷して、それを給紙トレイに入れてもう片側やればいいじゃん。と
店員さんに食い下がるも、「だめです。」の一言。
時刻は既に14時00分。大使館受付は14時30分まで。
違う店行くしかない・・・・・・汗
そう思い、地下鉄の駅を出ると、そこには「ANA Intercontinental Hotel」が。


ネ申キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!


そうだ。
ホテルならば必ず「ビジネスセンター」なるものがあって、そこならきっと両面コピーしてくれるはず!


思惑は当たった。一枚84円という意外に普通な価格ですぐにやってくれた。


14時10分。大使館到着。
ちょっと待って受付。口調がキツくてオシャレなマダム係員と、まずは書類確認。
あれこれやっていると・・・・後ろから、
すいません!!!14時30分までにシリア大使館も行かなきゃいけないので、先にいいですか!」
と、後から来た方が割り込み・・・・・


ええええええええ?!(;´Д`)


そんなのアリ?! って顔をしていると、マダムも「割り込みはだめです。順番ですから。みなさん沖縄や北海道からも来てるんですから、ぎりぎりに来ないでもっと余裕持ってきてください」


しかし、あたしは別に家から30分で大使館来れるんだし、今日は急いでないし、

「すぐ終わるんならいいですよ。」


と譲った・・・・・こんなとこでいい人ぶりを発揮してどうする。


で、10分ほど大人しく待機したあと、再度マダムと確認をしていたら、驚愕の事実を知る。


なんと、残高証明について、これまで(たった1ヶ月くらい前まで)は
「月額900ユーロ相当の金額」の証明でよかったのが、突然、

「月額1710ユーロ相当の金額」

に変わっているではないか!!!!!!



どうも、現地で働いたりしちゃうひとがいるらしく(日本に限らず)、それで基準額を大幅にUpしたとのこと。もちろんユーロ高も影響しているらしい。


にしても、さすがSpanish Logic。
いきなり2倍弱値上げとかwww 極端すぎます。
これ、経済途上国の人とかどうするんだろう・・・・・これから・・・・・
お金持ちしかSpainいけないな、これから。


わたしはぎりぎり足りているのでよかったが。


不備だった書類は、
 宿泊証明のコピー
 入学許可書のコピー
 無犯罪証明書のコピー(マダムが開封した後なので、コピーできる)

だった。


意外にもきちんと自力で書いていたのを見て、マダムは
「よく書いたわね、えらいえらい。あと少しだから、がんばってね。」


再度トライだ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/37-20f0ee72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。