上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金のためのエッセーとは、ある意味において、入学のためのエッセーよりも難関である場合が多い。というのも、ある程度の選抜を潜り抜けてきた候補者たちの争いになるからである。


ましてや、Asian Leadership Scholarshipとなると競争率は高い。


で、やはりチキンなわたしはエッセーのオンライン添削に出したのである。例によって。
だって、「論理的に通用するかどうか」っていうのは、客観的に見てもらわないと分からないからね。

またまた登場、"MBA Game Plan"。
http://www.mbagameplan.com/


昨年の12月から01月にかけて、もうほんとアメリカ英語ネイティブの添削者にむかついていやになるくらい、お世話になったサイトである。


ここのね、某Dさんという添削の方にですね、いくつか見ていただいた経緯があるのですけれども。ああでもないこうでもないやってあたしが年の瀬もいいとこ、大晦日あたりに発狂しそうになった挙句、最後、


"We shouldn't work together anymore.
Good luck."


と言われたのである。ここでいう"Good luck"の意味のあまりの冷酷さに、 ドン引き しました。あまりに論理的にだめだめすぎて、見捨てられた。払ってるのによぅ。ってやつです。


因縁とは恐ろしいものである。


なんと、今奨学金のエッセーを添削しているのが、頭文字D、やつなのだ!!!!!


きっと、
こいつだめだったが、なんとか合格したんだな・・・・
でも進歩してないな( ´,_ゝ`)プッ


とか思われてるんだろうなあ。むしろどーでもいいが。
それでも文句言いつつここのサイト使っちゃうのは、
簡単で、安くて、ちゃんとコメント返してくれるから。(内容はともかく)
なのである。(一応ほめてみた。)


そんなゴールデンウィークだ。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。