上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.29 Perigroso
今日家に帰っていそいそと食事の用意をしようとキッチンに立ち、ふと炊飯器の時計をみたところ・・・・・・・・


あいつ」がなぜか炊飯器の液晶時計の前面に張り付いている・・・・・・・!!!!


ぎゃああああああああああああああああああああ


しかも、さらに気味悪いことに、「内部」ですよ、「内部」。ああああああああああああああ

そもそもどうやって入ったの?
もしかして中で育った?
他にもいるんじゃないの?
いつからいたの?




もう、涙目で日本語の話せる新ルームメイトに助けを求めた。 彼女はゴキブリならまだ大丈夫らしいので、早速ゴム手袋と除菌ペーパーとライトを取り出し、取り外し可能な部品はすべて取り外したうえで、調査にとりかかってくれた。

そこで分かったこと。

1) 炊飯器底面の小さな穴(通気口?)から内部に侵入したものと思われる。
2) 窯内部には入っていない模様。
3) 液晶時計の為の小さな基盤よりもさらに前面に液晶パネルがあり、その液晶パネルのさらに前面に透明のプラスチックカバーがある。その透明プラスチックカバーから、普段外側から時計を見ることができるのだが、その液晶パネルとプラスチックカバーの間に入り込んだと思われる。

で、取り出そうと必死に叩いたりしていたら、見えなくなってしまった・・・・。
取り出さねば!!

というわけでメーカーのHPへ行き、マニュアルがないか探してみたが、この型(海外用)のマニュアルはどこにもなく、仕方なくお客様サービスセンターへメールで相談。 日本時間の9時だから、回答は明日の夕方になるだろう。

他にも手だてがないか探してみたところ、こんな記事を発見。↓
http://www.j-tokkyo.com/2001/H05K/JP2001-077549.shtml

「J-Tokkyo」
ていうか・・・・・・・・こんなの研究して特許取る人いるんだ・・・・・と思ってふと下をみれば、 やはり炊飯器のメーカーさんではないか。
どうやら、滅多に起きないことでは、ないらしい。

みなさんも、炊飯器、ぜひ一度チェックを・・・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/275-2f690f7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。