上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.29 Un año
スペインに来てちょうど1年。

一度も日本に帰国することなく、あっという間に時間が過ぎてしまった。 まだあと5ヶ月弱くらいこっちにいる予定だけど、この1年はなんだかんだ言って濃くて、本当に楽しかった。

スペイン語ができないし、マドリーは危ないと聞いていたし、大丈夫かな~?と思っていた。でも、いつの間にか、ここが地元みたいな感覚になってきてしまった。例えば、週末旅行から帰ってきてマドリーの空港に着くと、なんだかとってもほっとする。

最初はスペインの不便さばかり目について、コンビニは無い、シャワーが出ない、自販機はたまに商品が出てこない、いいバーがない、メニューが少ない、スーパーは常に行列・・・・とか文句ばっかりだったけど、いつの間にかそれが当たり前になってしまった。

100%快適、とは言えないけれど、生活するには十分だなと思うようになった。

プログラムについてはその多様性と、スペインというお国柄のおかげで、欧米だけではなくラテンアメリカのネットワークがかなり広がった。メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、パナマ、コロンビア、ペルー、チリ、アルゼンチン、ブラジル、ベネズエラ、ドミニカ共和国。
これらの国からの友達を作るチャンスなんて、ここに来なかったら、一生に果たして何度あるだろうか。そして、その底抜けの明るさゆえ、わたしをたまにうんざりさせるこの人たちを、日本に帰ったらきっと懐かしく思い出すんだろう。


なんでMBAやるのにスペインなの?

よく聞かれるが、アングロサクソンな学問であるMBAを、ラテンの国スペインで学ぶ、ということには、狙い通り大きな意義があったなと思う。

なんだろう、言ってみれば、同じ本を読むのに、クーラーの効いた快適な図書館で読むのが好きな人と、暑いビーチでビール片手に読むのが好きな人、両方いたといて、わたしはきっと後者のタイプだったんだろうと。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/251-30bf7e8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。