上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.18 En el grupo....
今日はグループでひともめ。

もう期末試験期間中となっており、BGS(Business, Government, and Society)とSCM(Supply Chain Management)の各科目は、好きな会社をひとつ選んで、それについてリサーチしてグループプレゼンテーション、というのが最終試験。

グループは6人いるので、わたしはBGSでLVMHの知的財産保護戦略について、スペイン系ドイツ人、イタリア人と一緒に担当することに。一方、SCMはインド人、ドミニカ人、台湾人が担当することになった。

BGSグループは順調にリサーチを仕上げ、後は戦略についてのRecommendationを考える・・・・ってとこまで来た。ところがSCMグループは、3週間前に、どの会社にするか決めようとディスカッションしてたはずなのに、やっと昨日になって決定した。その3週間の間、わたしはずっと、「SCMプロジェクトはどうなってる?」と聞き続けて毎回「もうすぐ決める」との返事をもらっていた。
あと発表まで4日しかないんですが、どうするおつもりですか。
SCMの最終プロジェクトは個人成績の4割を占める。しっかりやってもらわないと困る。
と、BGSチームが文句を言ったところ・・・・返ってきた返事は、
「ハーバードのケースを買ったから、それで情報は全部そろうから。あとは分析してプレゼンに落とし込むだけだから、3日もあれば十分でしょう

ななななななんですと?!ハーバードのケースを購入して、それを唯一のソースとしてプレゼンするつもりだったらしい。そのリーダー格がインド人。

そんなの、良いわけないじゃん!ケースなんて、そもそもその会社の内部事情に詳しい人たちにインタビューして、学生が分析するために必要な情報はほとんど揃ってるんだから、そんなもの購入して、それだけをソースに使うなんて、ありえない!今回はケース分析じゃなくてリサーチプロジェクトなんだから、一からきちんと本やアカデミックペーパーで調べないとだめなんだよ。

全く悪いと思っていないから、たちが悪い。


SCMチームのドミニカ人の女子は、性格は割と強気だが、インド人に逆らって波風立ててまで通したくない、というスタンス。台湾人の男子は言われたことはきちんとやるが、もともと自分の意見を全く言わないので頼りにならない。

このグループ内でのチーム分け、かなり間違ったかも・・・・・。。
SCMチームに対し、ケース以外のソースを探しきちんと時間をかけてリサーチするように、とクレームした。

インド人の前のグループの人たちからは、「あいつの仕事だけは気をつけろ!」と言われていたが、やはり最後まで目をつけて見張っていないと、まずいようだ。とんだ核爆弾を抱え込んでしまった。


明日はManagement Control Systemsの試験。
科目自体嫌いではないが、Fixed Manufacturing OverheadのProduction Volume Variance、なんて言葉、きっとこの先の人生ですっかり忘れて過ごすことになるだろう・・・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/237-262cd306
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。