上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マドリードは先々週あたりからセールシーズンだ。
だから、夏物をとっても安く買える有難い時期。

日本だと、季節が終わりつつある頃バーゲンが始まるが、こちらはシーズン真っ盛りに催される。既に秋物が入ってきているから在庫を早めにさばきたいのか・・・・どうなのか・・・・謎だ。

ZARA、H&M、MANGOなど日本でも人気の洋服屋さんも30パーセントから70パーセントもの割引がされていてお買い得だ。しかも、日本人女子にとって良いことは、割とサイズが小さめのものが残っているということだ! 

フランス人のクラスメートの結婚式にお呼ばれしているが、着ていく服がない。ということで先週買いに行った。因みに、フランス・スペイン・ドイツあたりでは黒のドレスはあまり良くないらしい。ダメってことはないらしいが、華やかな色のものを着て行ったほうがよいとのこと。
黒がダメとなると、持ってきたビジネス用含め、一張羅が全滅なのだった。

安い・・・・安い・・・・ああ、スペイン来てよかったなあ・・・。


ところで夏休みのポルトガルの話を書いておきたかったんだった。

MINIのコンバーティブルをレンタル済み!!オープンカーだぜ・・・・。

マドリーを7月28日の午前中出発し、まずはポルトへ。5時間ほどの車の旅だ。このたび一緒に行くアメリカ人女子はバイクにも乗るくらい、筋金入りのドライブ(もしくはツーリング)好きなので、彼女と一緒なら免許持っていないわたしでも気が引けない。わたしは世界のBest Tourist、日本人旅行者ということで写真&ビデオ&旅程の計画及び調整担当だ。

ポルトではワイナリーなどを見る予定だ。また、クラスメートのルーマニア人も同じ時期にポルトにいるということなので、ポルトで合流しつるむ予定。そこで一泊し、コインブラへ。
コインブラでは、日本人旅行者らしく、コインブラ大学などの有名そうな建造物を一通り写真におさめたあと、まったり過ごす。そこで一泊。

コインブラからさらに南下し、カスカイスへ・・・・!カスカイスはビーチのある場所とのことで、ここはひとつゴージャスに、最高級ホテル「Hotel Quinta da Marinha Resort」に宿泊。それでも二人部屋でひとり82ユーロくらい。ここで2泊してまったりと過ごすのだ。その代わり、それ以外の旅程はすべてホテルは取っていない。ユースホステルを現地に到着してから探す、貧乏旅行ローコスト戦略だ。

カスカイスで二泊した後、さらに南下し、ファロへ。ファロとリスボンは近いので、ファロに宿泊し、リスボンに繰り出す、という魂胆だ。ファロは美しいビーチがあるらしい。ここから、きっとちょうど「ロカ岬」へアクセスできるはず・・・・。昔宮本輝の小説で読んで以来憧れだった、世界の西の果てに行けるのだ!

ファロでも二泊し、スペインへ。ファロからマドリーはちょっと遠いので「無理せずあわてず」ってことで、セビーリャで一泊。まだ実は行ったことがなかったので、何気に楽しみだ。

セビーリャからマドリーへ帰還が8月4日。

心は既にポルトガルにいるのだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/234-1ef6f794
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。