上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.29 Global Village
遅ればせながら記録として日記。

もう2週間くらい前になるが、学校で「祭」、「Global Village」なる学園祭もどきが催された。

さすがにInternational Diversityの高いIE、これはDiversityを祝うというイベントで、各国の学生がそれぞれテーブルを出し、国の料理や酒、文化の紹介などを行なった。

われらが日本代表チームは、去年と同じで、名前をきれいな紙に日本語(漢字、ひらがな、カタカナ)で書いてあげ、その漢字の意味を説明してあげた。また、日本観光のパンフレット(スペイン語)を希望者に配布。本当は食べ物を出したかったのだけど、暑さ(34度・直射日光)と諸事情により難しかったのでこれにしたのだった。
人来るかな・・・・・と内心不安だったが、意外に人だかりができていてびっくりした。
シンガポール、韓国の学生は人数がそれぞれ少なく、テーブルを出さなかったので、最後の方は漢字の部分を手伝ってくれた。

わたしと同期のKさんは浴衣を着ていたので、「ゲイシャ・ゲイシャ」とか「男も芸者になれるのか?」とか割とうけてた。食べ物を出せなかった分、写真撮影でポイントを稼いだ気がする。また、日本大使館から、テーブルの周りを彩る特大ポスター(エヴァとか富士山とか)などをお借りし、これもまた好評だった。


結構忙しくてあまり他の国のテーブルを見れなかったけど、スペインはサングリア、メキシコはビール、ブラジルはカイピリーニャを放置しカポエイラの演技をしていた。これは面白い。アメリカはBBQと何やらアメリカっぽい着色料満載の飲み物(かき氷のシロップみたいな味が)を出していた。ポーランドは女の子ひとりで料理を作って出していて健気だった。日本のお隣テーブルだったので一緒に飲んだくれた。チリも料理と観光案内をやっていた。インドはタトゥーを提供。 ドミニカも国の料理と民族衣装(これがまたど派手・・・・!)を着ていた。コロンビアはJuanesの曲をガンガン流してコロンビア料理。

UK Table


なぜかイギリスのテーブルで疲れた人々が和んでいて休憩所みたくなってたのがうけた。なにやら美味しいドリンク(酒)を提供しており、こんな美味しい酒がイギリスにあるとは全く知らなかったので目から鱗。わたしもおかわりしてしまった。みんな結局イギリス好きなのね。


ひとつ悔やまれるのが、PCの調子が悪く、本来ならば「Yokoso!Japan」のDVDを垂れ流す予定だったのだが急きょ中止になったことだ。

そこで、先週、授業終了後にその10分ほどのDVDを教室で放映したところ、かなり好評で、「涙がでそうになった」(言いすぎ)、「日本にあんなに自然がたくさんあるとは知らなかった」(国中が秋葉原だと思ってた模様)などなどの反響。DVDレンタルは今4人待ちの状態だ。日本政府、やるじゃん。たしかに美しい映像だ。

そんなわけで、意外に自分でも知らない日本、他国の人が知らないということすら知らなかった日本の側面を知ることができたのだった。同時に、自分が知っていると思っていることは実は全体のほんの一部でしかなく、自分がどんなものを新鮮に思ったかを素直に伝えることは大事なのだなと認識したイベントであった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/227-f0a35055
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。