上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.31 En Pijama
マドリーは昼間の気温が8度~15度と、比較的暖かい。

にも関わらず風邪をひいた。

まだたいしたこと無いが、今日は朝からEconomic Environmentの授業で価格弾力性のディスカッションをしながら鼻水たらしっぱなしだった。わたしの鼻水の方が弾力性があ

よくない。非常によくない。女子として。

IEの数少ない短所として、教室が狭いことが挙げられる。
一応席は全員分あるが、60名ギリギリ。
世界中からの学生が集まっている為、血生臭い温度戦争が勃発する。

窓近くに座っているわたしと、エアコンのコントローラの近くに座るペルー人男子の間で、毎授業中、熾烈な、しかし静かな争いが繰り広げられる。

正確に言えば、わたしの左隣で窓際のスペイン人男子が、少し離れたエアコン男子の目線での訴えかけを気にしつつ、基本的にわたしの威嚇を優先するので、板ばさみになっているのだ。

わたしは、風邪気味で寒いので、窓を開けたくない。むしろエアコン温度上げてくれ。
エアコン男子は、ペルーからなのに何故か暑がりで、授業中「窓を開けてくれ」目線を送ってくる。やつは高地出身に違いない。
挙句の果てに、「ぼへみやんはパジャマ着ないで寝るから風邪引くんだ!」と根も葉もないことをクラスメートの前で言い放つという、筋金入りの爆弾野郎だ。

おかげでみんなの脳内に「日本人は寝るときパジャマを着ない」と自動的にインプットされた模様で、いちいち説明しなければならなくなった。

着てますから。毎日。

ともあれ、大切なのは結果だ。
今日はわたしの鼻水と咳のおかげで窓を開けずに済んだ。

明日も、戦いだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/162-7d6aa8dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。