上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.15 Antes del examen
テスト前なのに全然集中できない・・・・。

今日はランチにあさりの炊き込みご飯を作ってみたんだった。

あさりはむき身が缶詰で売っているので、それを水で軽く洗って使用。目を閉じるとまるで日本にいるかのよう・・・・・・


今タームも今週の一連のFinal examにて終了。11月半ばからという短い期間で、本当にあっという間。とにかく人脈作りとスペイン&MBA生活に慣れるのに超必死。

8月の終わりに渡西して、パーティ生活を繰り広げた戦略は、肝臓的に辛かった(正直廃人になるかと思った、γ-GTP調べなきゃ)が、いま思うと正しい判断だったように思う。おかげでクラスやマスターの違う友達がたくさんできたんだから。

まぁ、でも一番感謝すべきはグループのみんなかなあ。ほんとにラッキーって思えるくらいいい仲間だった。

イタリア人バンカー君は、反論するときイタリア語アクセントの英語で「Wait, wait, wait, wait,,」といいつつホワイトボードで少年コナン並みにすらすらとアカウンティングの謎を解明し始める。

コロンビア人のファイナンス系イケメン君(但し新婚)は常に温厚で、一番「空気を読む」存在だったようだ。みんながやりたがらないことを、押し付け合いになる前に引き受けてくれる。

ベネスエラ人のファミリービジネスの女の子は、一見キツそうに見えるけど、逆に「和」を重視するとっても優しい子で、常に話題には事欠かず、自らをネタにして雰囲気を盛り上げてくれていた。

スペイン人のケミカルエンジニア君は、性格が一番わたしと似ているかもしれない。数学を専攻していただけあり、一旦計算に凝りだしたら、止まらない。時には要らないものまで数式化してくれる。が、そのおかげでレポートなどは常に高得点だった。

北米人のカリフォルニアワインセラー君は初対面ではかなりシャイだが、慣れると実は一番リーダー的で、みんなの様子(全員が下手な英語であーでもないこーでもないやっている)をしばらく黙って観察して、さすがネイティブ、「おまいら全員まったく同じ事言ってる、ただお互い聞いてないだけだ」とまとめのコメント。

こうやって見ていると、一般的にステレオタイプで言われるような国民性っていうのは、グループメンバーについていえば、特に強烈には見当たらなかった。


かくいうわたしは、「フリーライダー」にならないよう、なるべく貢献貢献・・・・・と思っていたけど、果たしてどこまで貢献できたか、それは謎だ。

インターネットに急につながらなくなった件を直したりとか、会議室・・・もといスタディルームを予約したりとか、ホワイトボードを消したりとか、漢字教えたりとか、例の哺乳類捕獲の件に関して弁明したりとかそんなばっか・・・・汗

ま、最後に言われたことは「ぼへみやんは、日本人っぽくないよね」。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/149-a277b4a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。