上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、Quantitative Analysisの授業が始まる前、

「Profesor, gracias!!!!!」

と、本日のFinal Examを最後に卒業していく女子学生たちが、教室の外から教授に叫んでいった。

照れる教授。
拍手喝采で冷やかす私たち。

でも嬉しそうだったな。

そういえば、去年の今頃って何してたっけ~?って思い出すことって、スペインにいようがエクアドルにいようが日本にいようが、どこにいたって、時々ある。

確か、GMATは終わってて、1月中ごろからの欧州面接旅行のため、エッセーを書き始めなきゃいけないのに、それ以外の周りのことに気をとられていて、なかなか始められずに「病んで」いた時期だった。

結局、まったくの他人から言われた、
「Aという、今やらなきゃいけないことを後回しにして、
Bについてうじうじ悩んでいるようだと、
BもAも手に入らない」


って言葉で奮起して、確か12月16日からだったかな、仕事をしながらも一心不乱にエッセーを書き始め、5校分を1ヶ月かからずに仕上げたんだった。大晦日も、日付が変わる直前までPCとにらめっこしてたな。

普通、MBAのエッセーは3ヶ月とかかけて、それこそじっくり仕上げていくものなのに、それを全く超越した(というかLast minuteな)短納期。

エッセーの英文法の添削は「MBA Game Plan」という添削サイトに頼ったな。
ここに一体いくらつぎこんだだろう・・・・怖


あれからもう一年。

あのときの異常な集中力と根性を思うと、今後何か壁にぶつかっても、きっとなんとかなるって思える。

きっと来年の今頃は、こうやってまた、同じ机に座って、今年を振り返っているんだろうな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blogbohe38n.blog92.fc2.com/tb.php/125-5d3d53d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。