上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.31 Visiting IE

English to follow
同級生が、Youtubeに投稿されたIEの紹介ビデオをどこかからか見つけてきた。

"IE University"なんて作ったんだ・・・知らなかった。

--------
One of my classmates found a video which introduces IE.

I didn't even know that the school launched "IE University" this year...
スポンサーサイト
2007.07.31 Mistake
English to follow
朝起きて、ネットで為替を調べたら、1ユーロ161円 にまで下がっていた。

これはもう行くしかない! 銀行にて、少しばかり円からユーロへ預け替え。

早起きは三文の得。

この段階に来て失敗だと気づいたことがある。残りの学費(36,000ユーロ)を、IEの場合は一括払い、
三回分割、六回分割の3つの方法で支払うことができるのだが、わたしは無駄に男気を見せて一括払いを選択してしまったのだった。

なにがまずいかというと、一括払いの期日は10月末、三回払いだと12月末、六回払いだと翌年01月末までとなっている、そして、分割払いにしたとしても、利子は一切つかない。

ということは、六回払いにすることが一番賢いのだった。

日本円で預けている分にはあまり関係ないが、実は外貨に換えて預けているので、円預金よりもはるかに高金利がついているのだ。
現在の残高だけで既に、毎月1万円分くらい(!)もついている。
このまま預けていれば、毎月確実にその分が利息としてついてくるので、支払いを遅らせつつ、利息でしっかり稼ぐことができたはずだ。
1万円といったら、バルで飲み食いが2回はできるはず・・・・!

ファイナンス的には、先に払うよりも、後に払うほうが得とみなされる、ということを身をもって思い知ったのだった。
-------
This morning, I found that euro went down against yen after so long, 1 euro = 161 yen!!!

As soon as I got that good news, I rushed into the bank to change my yen holdings to euros.

The early bird catches,,, something..

By the way, there is one major mistake that I've made on my financing plan. For the rest of IE's tuition fee (36000 euros), students can choose from either one, three, or six consecutive monthly instalments, and I chose the single instalments by my macho spirit.

The bad thing is, that no interest for delay is applied for the tuition fee, even though the payment completion can be postponed till the end of January 2008 in case of the six instalments. On the other hand, the deadline of the single instalment that I chose is October 2007.

So, I should have chosen the six instalments, and I was supposed to enjoy the high interest rate on euro-based deposit for longer period.

It's totally my mistake....I didn't even think about the bank interest rate for euro deposit as I've got too used to the excessively low interest rate of Japanese yen.
My euro account generates approximately 10000 yen as the interest every month. It's a big deal. How many additional times could I eat and drink at a bar!

It is said that late payment is better than early payment from financial perspective. This time I fully realised that's the whole idea.



English to follow
晴れて無職に!

会社の最終出社日は、意外に大変だった。各オフィス間の移動と、各地での片付け、挨拶など。

みな「スペインのどこ?!」「いつから行くの?」と、当然ながら質問するので、
なんかもう、まるで、ボタンを押すと「マドリッドです。8月29日です」と答えるロボットになったみたいだった。

みんな心配して聞いてくれてるのだから、こういう場合は、ちゃんと退社の挨拶メールに中途半端にではなく、きちんと説明をつけておくべきだった。

長いこと一緒に働いてきた人たちに別れを告げると、感無量で目頭が熱く・・・。

大きな花束(花束、というレベルでは既にないが)など頂いたので、一旦帰宅して、汗だくだったのでシャワーを浴び、待ちに待った送別会へ。

仲の良い人たちばかりが来ていて、本当に嬉しかったんだ。
こういう場を設けてくれた同僚に、心から感謝。

宴は続き、踊り狂い、魂が抜け、燃え尽きたところで、解散。タクシーに乗る前に副社長が、「はい、これ。」といって、それまで大事そうに抱えていた 焼酎 のボトルをくれた・・・・。
タクシーの中で、また目頭が熱くなるのだった・・・。


わがままで、適当な自分を長い間面倒見てくれたみんな、ありがとう。

そういうわけで、次の日は、二日酔いで動けない無職第一日目となった。
---------
Finally, I was freed!

The last day at office was surprisingly busy to move between offices, pick up my personal belongings, and say goodbyes to friends.

It was as if I became a robot which spoke "Madrid, from 29th of August" each time a button was pressed.
Everyone asked the same questions because they worried about me, so I should have explained more details in the good-bye email.
Tears started forming in my eyes when I said goodbyes to the people whom I had worked with.

I went back to home once bringing a big bouquet and took a quick shower before attending to the farewell party.
I was very glad that I could talk with my best office mates, and I really appreciated my friend who arranged that nice party.

The party night was long, we drunk and danced a lot, and finally my soul left the body... Before I took a cab, the VP gave me a bottle of Shochu...and that moved me to tears again....

I thank everyone most sincerely for everything helped me for a long time.

The next day was the first day for me to live as an unemployed person. But of course I couldn't get up until the evening due to hangover.

English to follow
怒涛の一週間だった。

まずは虫歯から。親知らずは抜いたあと順調に傷跡が回復しているので、今回は右側の虫歯を削った。
詰め物が出来上がったら、また歯医者にいかなければならない。

仕事は、恙無く収束に向かいつつあり、至って平和。
「去る者」に対するみんなの生暖か~い視線にすっかり甘えきっている。
今週が約6年勤めた会社で過ごす、最後の一週間となる。このまま無事終わりますように。

部屋の片付け。
一旦実家へ引っ越すため、不用品の処分を開始。といっても、余計なものは買わない生活なので、基本的に荷物は少なそうだ。
我が家で一番高く売れそうなものがテレビ、AQUOSなんだが、実家の母から 「(あれだけは)持ってきなさい!」 とのお達しが出たため、売却できず。
その他、高級ブランド品など、女子らしい金目のものはあいにく持ってないため、DVDとかPSのゲームソフトをソフマップに買い取ってもらった。
思い出のFFXを売るのは少しさびしい気分になった・・・・
いつか、いつの日か、お金持ちになったら、65インチのTHX仕様のAQUOSで夜な夜なファイナルファンタジーをやりたい。

そんな中、飲み会社会的交流も。
SDA Bocconiの在校生の方、入学者の方と3人で女子飲み。イタリアはラテン系ってことで、わたしの中で勝手にスペインと同じ部類に括られているので、か、わからないが、妙に親近感を覚える。ミラノでの再会を誓い、帰途に着いた。
また、上司と会社の人たちとで久しぶりにギネスを飲みに行った。合計で5パイント飲んだ。ギネスは二日酔いにならないから良い。昔はギネスは苦手だったが、この上司のおかげでギネスの美味しさに目覚めたのだった。上司に感謝しなければならない。

週末は引き続き、ちょこっとだけ勉強、そして買い出し。ビックカメラにて海外でも使えるドライヤーを購入。炊飯器は迷ったが、鍋でも炊けるので買わなかった。新しいカメラのレンズが欲しくてウロウロしてみたが、やっぱり高い・・・・。まだポイントは20000円分くらいあるけど、ちょっと考えよう。
------------------

That was a long week for me.

Firstly, I went to the dentist to have a cavity treated. I have to go there again in order to fill it next week. The space made by the extraction of a wisdom-tooth is getting better.

As for work, it is coming to the end, and peaceful. Now I'm fully depending on others' kindness. Everyone is getting soft on me, as I am leaving here and they are no longer expecting me that much. Next week is the last week for me to work here.
I hope my life in this company will end without any further problem.

Next,,,clean-up of my apartment.
I just started getting off unnecessary stuffs as I'm going to move back to my parents' home. It seems that there are not much packages because I live a simple life. The most expensive stuff in my room is the TV, AQUOS, but I had to give up selling it to Sofmap. My mother ordered me to bring it to the home. Since I don't have any luxury brand items, I could sell only DVD and Playstation gamesofts.
Someday, when I become a rich person, every night I will play Final Fantasy on the 65 inch large screen of the THX certified AQUOS.

I also had some drinking sessions cultural exchanges.
I had dinner with a student and an enrollee of SDA Bocconi. Since Italy is one of the latin countries, I somehow regard it as the similar country as Spain. I really feel a bond with them.
Also, I went to drink some pints of Guiness with my boss and colleagues. In total, I got as much as five pints. Guiness never gives me hang-over. At first, I wasn't a big Guiness fan but my boss taught me the yumminess of Guiness. I must appreciate my boss for that.

In this weekend, I studied a little and spent most of time preparing necessary stuffs, such as a hair dryer that can be used overseas. Also I want a new lens for my camera, but it was too expensive,,,,I must consider whether to get it.
English to follow
8月末からまずはオスタルに滞在決定。2週間ほど。

このオスタルは無料サービスが結構色々あるし、キャンセル料が無料ということがでかい。。。家見つかってオスタルを出るのが予定より早くなっても大丈夫ってことだ。

とりあえず、マドリッドの知人(スペイン人)へ連絡を取り、家探しを手伝っていただくことに。もはや、家探しはクラスメートの間でも熱い話題だ。
みんな不安なんだな。

そして、航空券。
希望通りKLMでの片道航空券、ネットで必死になって探したところ、13万9800円というのがあったのでそれにした。
サーチャージなどは勿論別途だが、まずまずの値段だろう。
乗り継ぎの時間もちょうどいいし。
ちなみに、このチケットはこちらのサイトで見つけた。
http://www.ab-road.net/wmap/ticket/eu/area.shtml

ビザを待っての航空券購入だったため、10万円以下のやつは売り切れていた。

そして、マドリッドの地下鉄の路線図とか眺めてるともう鼻血が出そうなくらい興奮してくるのだった。。。。

*********
Finally I decided to stay in an Hostal for about two weeks from the end of August.
The hostal provides many services for free and doesn't charge for cancellation. It means, I can cancel the room anytime once I find a permanent accommodation.

Also, I have asked a Spanish friend in Madrid to help me find a room there. To find an accommodation is now the hottest issue among the classmates.

As for flight ticket, I've got one at 139,800yen via a web-site! One-way ticket by KLM. Unfortunately tickets priced at less than 100,000 yen have already sold out, but I think the one I got is enough reasonable.
http://www.ab-road.net/wmap/ticket/eu/area.shtml

I'm so excited about flying to Madrid that I'm about to get a nosebleed.
2007.07.15 New PC
English to follow
パソコンを買い換えた。

今までは3キロもあり、むこうで毎日持ち歩くには、専属の荷物持ちを雇わなければきっと耐えられない。
新しく買ったのは同じDynabookで重量は2キロ。

もっと軽いのもあったが、それは高すぎるのであきらめた。

んー、勢いで買ってしまったので、予定外の出費・・・・・。
これまでお世話になったPCはこれからきれいにして、ソフマップへ。

ま、いくらで売れるかわからないけど、見積もりどおり売れて、今のパソコンの購入価格が実質10万円(600ユーロくらい)になれば、15ヶ月で割ると一日あたり約1.3ユーロだ。

一日1.3ユーロ分で、ポーターを雇わずにPCを持ち歩けるのであれば、まあ、いいか。

ところで金曜日、たまたま見上げたら夕焼けがきれいだったので激写。




----------------------


I renewed my note PC to lighter one.

Up to now, my PC weighs no less than 3 kg, which is so heavy that I might have to hire a porter to carry it around every day.

The new PC weighs only 2 kg. There were much lighter ones (less than 1 kg), but those were much expensive so I had to give up them.

Since I bought it on the spur of the moment, my current concern is that it goes over the budget.
Of course, I will sell the old one to Sofmap after cleaning up data, although I have no idea how much it would be sold by.

If the old one is sold as estimated and the purchase price of the new one declines to 600 euros, it means that it costs only 1.3 euros per day for 15 months.

I guess it's OK. Now I can carry the PC at 1.3 euros per day without hiring a porter.

By the way, I coincidentally took a photo of beautiful sky on Friday evening...
2007.07.11 Get together
English to follow

昨日はIEの今年入学同期の4人で飲み会を執り行った。
またもや、和食の美味い丸の内の「波奈」へ。

4人が揃うのは今回が初めて!何せ、全国に受験者は散らばっているため、どうやら他にも入学者いるらしいんだが、どうやっても見つからない。早く見つけたい!

さて。どんな飲み会になるかと思いきや、かなり楽しかった。

3人とも個性的で、全員が違うタイプ。
バックグラウンドも、営業、会計士、コンサル、そしてエンジニア。これが、Diversityなのだろう・・・・と感動した。

しかしながら、さすがに共通点は二つ見つかった。

ひとつ。
お酒が好き。

ふたつめ。
ビジネスとまったく関係ない話!好き。


彼らはこれから同じ電車の、IEというコンパートメントで一緒に旅をする仲間。

足をひっぱらないよう、がんばろうと思った夜だった。
------------------------
Last night, I went to a Japanese restaurant, "Hana", in Marunouchi to join a get-together with the successful candidates for IE class of 2008. This restaurant serves fresh fish and fine Japanese cuisine.

That was the first time for us to have this kind of session, but I heard that there were some other enrollees this year. As people from around the country apply to MBA programmes, it's so hard to find other IE enrollees... but I hope we can meet them ASAP!!

We had such a great time, and everyone was so unique...Backgrounds are also very different from each other- Sales, Accountant, Consultant, and Engineer-. That's what we call "Diversity".

But after all, I found two commonalities among us!

First, everyone likes drinking.

Second, everyone likes to talk (also) about topics other than that of business things.

Anyway, they are my fellow classmates to make a journey in the same train compartment, IE.
I must keep up not to bother them.
2007.07.08 Loooooooong night
English to follow
きのうは近所の友人とゴハンを食べに行った。

和食は美味かった。からすみと日本酒!
こうやって整理してみたら、6軒もハシゴしてるではないか。
いくらなんでも、やりすぎだ!
どうりで今日、頭が痛く食欲がないわけだ。。。

にしても、結構な出来上がりっぷりだったと思う。
いつも思うんだけど、どうしてあたしは十分出来上がっているのに、わざわざとどめをさしに行くんだろう。

最後に寄った店には別の知り合いさんがいて、小乗仏教と大乗仏教の違い、相対性理論について説明を受け、さらにMBAへ行く準備についてご教授いただいたんだけど・・・彼の重低音ボイスと耳慣れない単語たちは、あたしの脳の活動をオーバーフロー→スタックさせるのにちょうどよかった。

今日は昼すぎにやっと起きれて、お風呂で汗をかいたあと、同僚からもらった「マーケティング・カフェ」という本を読んだ。その後、IEを卒業した先輩のブログで、授業の様子や生活について一通りイメトレした。
退学になった人とかいたらしいし・・・・こわ!!

マーケティング・カフェ


やっぱりきちんと準備できるものはやっておこうと思った。
飲んでばかりいるわけにはいかないのだった。
けど明日はIEの同期と飲み会だ。
ほどほどにしておこう。

-------------
Last night, I had dinner with a friend in my neighbourhood and after all, we drank at six bars in total.
The Japanese foods were very delicious! Botargo and Japanese sake....!!
But I drank a little too much and that's why I had headache and lost my appetite today.

I wonder why I always go for another round even after a pub crawl.

I met with another friend at the last bar and he kindly gave me a lecture about differences between Theravada Buddhism and Mahayana Buddhism and about the relativity theory. He also taught me what preparation I should do before enrolling to an MBA. However, my brain overflowed and got stack in the end due to uncommon words and his deep voice.....zzz

I couldn't get up until just this afternoon. After taking bath (to metabolize alcohol) , I read a book "Marketing Cafe", which my friend gave me. I found out that there was a dismissed student in 2004, according to an alumni's blog. This is scary....!

So, I re-realized I should prepare well and get ready to the programme. It's not good to go pub crawl all the time. I will have dinner with other Japanese students tomorrow night. I should try not to drink too much tomorrow.
2007.07.06 Visa!
English to follow
同僚と飲み終えてゴキゲンでオウチに帰ると、スペイン大使館から手紙が。

封書を開けると、
『審査の結果、審査された以下の査証はビザが認可されたことを通知いたします』 とのこと!!

"En respuesta a su solicitud de visado
Sra. bohemiyan
le comunico que el expediente ha sido resuelto favorablemente."

ビザ申請が5月22日、通常2ヵ月半以上かかるであろうところ、2ヶ月かからずにビザがおりたことはかなりデカイ。うれしい反面、これから「もう行くしかない」方向に向かっていることが少し不安で、時間についていけてない自分がいる。

そうだ、あたしはもう、スペインに行くしかないんだ。
周りの「やらなきゃいけないこと」たちに押し流されている場合ではない。きちんと、波に乗らなければいけない。

-------
My visa was issued finally!!!

When I came back to home after drinking with my colleague last night, I found a mail in the mailbox and the letter was from Spanish embassy.

"En respuesta a su solicitud de visado
Sra. miya'n
le comunico que el expediente ha sido resuelto favorablemente."

I've heard that it usually takes more than two and a half months but luckily I got it in two months.
I'm happy but getting nervous because there are too many things that have to be done before leaving. A substantial effort will be required to keep pace with time.
2007.07.02 Micro Economics
(English to follow)
本を買った。

「ミクロ経済学がよ~くわかる本」

暗記科目は準備しておいたほうがよい、それと、なるべくつまらなそうなものから先にやっておけ、という経験者の方の話を聞いて、影響されたのだった。

あたしが本を買う、ということはよっぽどビビッているということだ。

いつも、本をなるべく買わないようにしている。なぜなら、いつも本を買っては「やった気」になってしまうからだ。そして、本棚の飾りとなり、Bookoffへ売られてゆ~くよ~♪
なので、今回は、絶対に途中放棄しないで済みそうな、簡単な図解の本にしたのだ。キャラクターまでいる。
本当なら、文字だけのやつのほうが内容も濃く、レベルが高そうなんだが、やはりこの期に及んで背に腹は変えられない。
自分の頭のレベルを自覚し、それに合わせなければならない。

会計も勉強あまり進んでないし・・・・スペイン語もまだ全然だし・・・ほんとどうしよう。。。。不安だ。

***************
Today, I bought an illustrated book about microeconomics which means I am getting nervous.

I heard that we should start preparation of the study subjects which seem to be boring and which require memorization of words and mathematical formulas.

I try not to buy book because just getting book satisfies me as if I've completed learning everything in the book, and the book becomes a fine display in my bookshelf then sold to Bookoff in the end.
So, this time I chose the easiest one which is not likely to be thrown away. Although I wanted another one that was more difficult without illustration as it seemed to be much high-level and cooler, I got this one as a result of consideration of my knowledge level.

I fall behind in my accounting study and Spanish training,,,,so I am getting really anxious these days.
2007.07.01 ¡Salud!
(English to follow)
飲んだくれ日記。
金曜日。
同僚と女二人で飲み歩き、〆は新橋のラーメン屋(しかも午前2時)というなんとも男らしいことをやってしまった。
言い訳をさせてもらえば、彼女といると時間を忘れて話し込んでしまうのだ。

しかし、新橋でこんなにDeepに飲むのは、意外にも初めてだった。 道端でひとり仁王立ちで吐いているオジとか、深夜まで仕事仲間とラーメン食べているグループオジとか、餃子とビールだけで一人ニヤニヤ出来上がっている謎の単独オジとか、様々な種類のサラリーマンを見た。

こういう経験も、東京の風景として、わたしの記憶の引き出しに大切にしまわれていくのである。

土曜日。
近所の友達と、フレンチランチを食べに行った。
La Matiere
グリンピースの冷たいスープ絶品!留学祝いということで、ごちそうになってしまった。
昼間から3人でシャンパンとワインを空け飲んだくれるのも、甘美な背徳感があってとてもとてもいい感じだった。

ランチを食べた後、ほろ酔いで眠くなりシエスタ・・・・zzz

夜は、女友達と、近所でゴハン食べた。彼女の出産時の話を聞いたのだが、驚愕。聞いているだけでもう、痛い。切るとか裂けるとか抜糸するとか・・・・・むむむむむりむりむりむり。
ガクガク(((((゚Д゚)))))ブルブル
親不知を抜くのでビビッているわたしには、到底むりだ。こうして少子化が加速されていく・・・。

解散し、その後いつも行くBarの5周年前夜祭へ。知っている面々がカウンターにずらりと。
チェロの生演奏気持ちよかった。なんと、30年前の甲州の白ワインがお店から振舞われた。シェリーのような色になっていて、酸っぱい香りがするが、口に含むとさらりと甘く、すばらしかった。


今日は休肝日と洒落込もう。

※上司がいつも「英語では書いてないの?」と言うので、英語でも書いときました。これからも気が向いたら。

*******************
I shall give my liver a rest today.

Friday: I went to Shinbashi with my female colleague, and we were "macho" enough to end up at a Chinese noodle shop around 2 AM. We were talking well and lost track of time.

Surprisingly enough it was the first time for me to drink heavily at Shinbashi. There were many drunk middle-aged men - a man bringing up on the side of road, a group of businessmen, and a mysterious grinning man having Gyoza and beer -.
These experiences will be preciously kept in my memory as common scenes of Tokyo.

Saturday: My friends in my neighbourhood treated me to a nice lunch at a French restaurant, La Matiere. Excellent green pea soup!! Champaigne in luch time makes me feel guilty, but forbidden fruit is always sweet. After the nice lunch, I happily got drunk and took a little siesta....zzz

In the night, I had dinner with my friend. She told me about her childbirth delivery. I was very shocked to hear the full story of her experience; "cut...splited.... and removed the stitches.." No, no, no, no, no! No way. As I feel very nurvous only to imagine having my wisdom teeth pulled out, I would not be able to stand it. Her story indirectly contributed to Japan's lower-birthrate issue.

After the dinner with her, I stopped by a bar where I often go, since it was the eve of its fifth anniversary. There was live music, and I could even have a glass of 30 years old white wine (which seemed to turn into something like sherry, so it had a little sour aroma but tasted fabulous!).

I drank too much this weekend.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。