上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり最近気になることは;


 1) 考えることが少なくなって(GMATとかEssay終わったし!)、頭が悪くなったような気がする。
 2) IEから一向にContractが来ない。


2)は部署内で色々あるんだろう、もうあと1週間待っても来なかったらさすがに再度問い合わせて煽る、の戦略で。


1)については、単にGMATが終わったから、とかだけではなく、引き継ぎ体勢ソフトランティングな仕事のアサイメントによるものも大きい。新しいことを吸収し展開するのではなく、既に持っているものを広げていく、という。それはそれで正直、楽しい。
でも、考えることが少なくなった。

さて、そんなわけで、2つの対策を実施することにした。

ひとつ。会社の、某新しい活動(会社としての社会的なResponsibilityを果たす基盤を社内で作っていく)をリードするコミッティに参加することにした。これは引継ぎとか要らないし、自分への何か勉強にもなるだろうし、それにもっと巧くいけば会社への置き土産になるかもしれない。

正直、自分は辛いのに我慢して・・・・・・・系の活動は少し苦手なのだけど、それ以外にもこのコミッティでは、「ハラスメント対策」「社内コミュニケーション活性化」「情報セキュリティ」などなど、あたしの好きなTopicをたくさん取り上げているのだ。
来月がKickoffだ。
ちょっと楽しみ。

それと、もうひとつの対策として、「本を読む」ことをしている。
幸いなことに、公私問わず、「MBA留学する」と知った周りの方々がたくさん本を貸してくださるので、ご親切に甘え、ビジネス書籍から、スペイン生活の知恵にいたるまで、諸々の本を読むことができている。

そういえば、あたしは昔から「本の虫」で、小学生のとき、日曜日とか(当時はまだ週休2日ではなかった・・・)興奮して早朝6時に目が覚めてしまい、一人で布団をかぶったまま、家にある本を読み漁っていた。それが、あたしにとっての贅沢な時間だったのだ。

もちろん、小学生といえどもそんな朝にふさわしいのは、活字のみの渋い小説だ。例えば、「天国に一番近い島」なんかは布団の中で読んだ記憶がある。それから好きだったのは、厚さ4センチくらいある「本当にあった不思議な話」とかいうタイトルの短編集が4冊。いわゆる「オムニバス」ってやつ。これらは手垢がつくくらい何度も何度も読んだ。布団かぶって。

いつしか、活字を読むことも少なくなり、学ぶのは本からではなく、実際の体験からになっていったが、それでも「他の人の考えや意見、感覚」を共有するという意味で、これからも本は読んでいく。


で、今読んでいるのは、かの松井証券の松井道夫さんが執筆された


「好き嫌いで人事」


すごく読みやすく、熱く、分かりやすい。「当たり前といっては当たり前なこと」が書いてあるんだけど、それを実践した人の言葉っていうのはやっぱり重みはある。
まだ途中だけど、最後まで読むのにそう時間はかからなそうだ。

スポンサーサイト

そろそろ本格的に怠けた頭を戻さなければならない。

見つけたのが、こんなコース。

「MIT Open Course Ware」
無料で、Solanも含め、様々なコースを受けることができる。ありがたい。ううむ。。。なかなか難しそうだ。これは。(汗

だがこれで、自分にあまりなじみの無い分野の勉強をきっちりしておこう。


But what is a market, really? A place? A product or service? Which sellers? Which buyers?

それはそうと、昨日ローンが下りる旨の連絡が来た。親ローンだけではないのです。でも契約にはビザが必要らしい・・・・えっ?
てことは・・・・ビザがまず先に下りないといけないのかあ。ちょっと順番が狂った。
とにかく、まずはパスポートの延長をしなくては。※延長するとパスポート番号も変わるのです実は。



あと一週間で誕生日だ。
去年の今頃はなにやってたかなあと振り返ると、IEのDirkさんととのOne-on-oneミーティングなんかで色々と情報収集をしていた。確か、CV作ったりと焦っていたはずだ。KaplanにCVを慌てて添削してもらっていたのもちょうどこの時期だ。

ときが経つのは早いなあ。


このままボーっとしていると、何もしないままあっという間に9月になってしまいそうで、怖い。
でも、もうこのまま早くスペインに行ってしまいたい気もする。

2007.03.24 金曜日。

今日はサルサ行こうと思ってたんだけどなんか体調も思わしくなく、気分がのらなかったので行かなかった。


(´ヘ`;)



それはそうと・・・銀行から残高証明が届いた。あんだけ窓口で「英文だけど、押印つきで、おねがいします、はんこつきで」といってたのにも関わらず、


押してない。


(´ヘ`;)



ああ・・・・・・。また銀行窓口いかなきゃ。。。。。半休がこうして消化されていくのね。


近頃は金策に走る毎日。もっぱら依頼対象が両親というあたりがイタイ娘みたいだ。


本当に、高い、高い学費で私費の貧乏留学生候補のわたしとしては相当懐に大ダメージだ。
そんなわけで、Scholarshipの申し込みのためエッセーと格闘中。これが通れば半額免除となるのだ!! あのApplication Essayに明け暮れていた年末年始を思い出す。。。
質問は二問。


2a. In your opinion, how important is management education to the development of your region over the next 10 years?


2b. Why should you be granted a scholarship? What responsibilities come along with being a scholarship recipient? Please include a financial plan explaining how you intend to finance the programme and living costs a) with the scholarship award and b) without the scholarship award.


いずれも300~500語くらいで書けばよいのだが、なにせいったん怠けてしまった役立たずの脳味噌では一向に進まない。

aの質問は、一般論ならいくらでも思いつくのだが、なかなか自分の経験から痛感したことに結びつけるのが難しい。
In "your" opinion, なんだから、わたしの経験と結びついていないと説得力が無いわけだ。
数日悩んでいたが、やっぱ自分の経験で、日本製と外国製の通信機器、圧倒的に品質は日本製がよいのに、スペックやその他技術的な都合で外国製が選ばれることが多々あるが、日本人が日本と同じレベルの品質を他に求めることの難しさ(International Negotiationの観点)などについて、自分の経験を通じて思ったことやなんかをベースに展開していこうと思う。


bの質問は意外にすんなりいきそうでいかなさそうだ。こっちはとりあえず後回し!

それはそうと、2月26日に入学金を送金したのだが、いまだEnrolement Contractが届かない。しかも、書類を確認すると、「all documents must be submitted within 45 days after the confirmation of a place reservation」とか書いてあるし!
あと半月くらいしかないじゃないですか!


若干不安がよぎる。。。。もしかして取り消しとか・・・・?あとからよりよいCandidateが来たとか・・・・・ガクガク(((((゚Д゚)))))ブルブル
なにせGMATがあのスコアだし、面接も踏んだり蹴ったりで、なぜ受かったのか未だに理解できていないため、B型おひつじざで普段勇敢なはずのわたしの脳裏に最悪のシナリオが次々と展開される。。。


ともあれ、確認してみなければ分からない。
Admissionの方にメールしてみたところ、「some changes within admission dept」のおかげでまだContractsを送ることができてない、45日のDeadlineについては、遅れたとしても今回は考慮することにしている、とのこと。。


なんだなんだ、こんな時期に人事異動?それともフロアレイアウトのChange?いずれにせよ、まあそういうなら仕方ない。
「Contracts」と複数形になっているあたりから、わたしだけではないのだろう。一応もう少し待ってみるか。


ところで、今日は近所のレコード屋さんで新しいCDを購入。
またまたサンバ♪ 
なんかね、年末もエッセー書きながらサンバ聴いてたし、底抜けに明るい音楽聴きながら盛り上げてかないと、やってられないんだよね。
今回は春らしく、女性ヴォーカル。
Samba De Rainha という女性9人(!)のグループのIsso É Samba De Rainhaというアルバム。
オフィシャルサイト:
http://www.sambaderainha.com.br/


Samba de Rainha


ああやっぱりイイナア~~。サルサも欲しかったが、そこのレコード屋さんには見当たらなかった(タンゴとかならあったけどこちらはまだ手を出してない)ので次回。
今週またサルサいこ~~っと。
やっぱりこういうの聴いてるとポルトガル語とかスペイン語わかるようになりたいなーって思う。

数日間続いた接続障害がやっと復旧しました。(昨日のは携帯からUpしますた)


---------(FC2サポートブログより抜粋)--------------
[追記 3/14 13:00]


対象当該プロバイダーをご使用の方において接続が可能になったとの報告を受けております。
当該プロバイダーのアクセス経路において障害が解消されたものと思われます。
引き続き障害情報について判明した場合はご連絡いたします。


---------(FC2サポートブログより抜粋)--------------


結局プロバイダ側の問題らしい。いずれにしても私の使ってるプロバイダのサポートページには、まったく障害情報として掲載されていないのが不満です。
ISPには全く詳しくないのであれですが、複数のプロバイダで影響したということは、さらにその先で共通で使ってるThird partyの経路上の障害だったのかしら。
いずれにしても、障害中も状況が分からず、さらに復旧しても原因のある側(今回はプロバイダ側)からの報告が一切ないとは、対応に問題があるんじゃないでしょうか。


・・・・・と、若干の苛立ちは残るものの、兎に角、復旧してヨカッタ!



ところで、本日は1ユーロ=153.24円


わたしは本日はOFF。
カーテンを開ければ晴れ渡った青い空。
某都市銀行のWebでチェックしたTTSは1ユーロ=154.87円


これはもう行くしかないでしょう!!


足取り軽く近所の銀行窓口へ。バーーーーンと外貨口座に入れちゃいました。もともと165円で試算をしていたので、これは大きな違いだ。お得感満載で。
ついでに英文残高証明書の発行もお願いし、その足で区役所へ行き住民票をもらってきた。


それとは別に、戸籍謄本を実家の母にお願いしていたので、来週それが届いたら、初めて行く「桜田門」、警視庁で「無犯罪証明書」なるものを発行してもらうのです。
まったく身に覚えは無いが、善良な小市民であったこの27年間を振り返り、「何もしてないよね、わたし」と再確認するのです。


ああそうだ、健康診断も受けなきゃ。。。。。。と、海外旅行傷害保険も加入せねば。こちらは、パックだと高いし、必要以上の保障がついててもったいないので、「ジェイアイ損害保険」という会社のWebでバラ掛けのシミュレーションしてみた(なにせ昔とった杵柄で)。すると、どうやら10000円以下に保険料を抑えられそうなことが判明。ただし、保険期間開始の3ヶ月以上前だと加入できないそうだ。


となると、5月ごろにビザ申請がやっとできるのかあ。


時間あるし、とりあえずパスポートの更新しておこうかな~。

2007.03.13 障害発生。
数日前から、せっかく皆様からいただいたコメントに返事を書こうとしてたのですが、『サーバーが見つかりません。』という表示になり、さらに管理画面にもログインできない状態が続いております。

クッキーとキャッシュを削除しパソコンを再起動しても現象は変わらず、他のhttpsのWebには接続できることから、回線の問題ではなく、パソコンの問題でもなさそうなのです。



fc2に問い合わせたら、どうやら特定のプロバイダからのアクセスがしにくくなっているとのこと。わたしの使うプロバイダも影響してるとのこと。

逆にプロバイダに電話したら、十二分間も繋がらず待たされた揚句、
あたしがFC2って言った瞬間、
『一部でそういったお問い合わせがあり、現在調べています』

と。
障害情報でてないじゃん。
さてはメンテナンス通知ださずになんか設定いじっておかしくなったんじゃないの?


とにかく早く直してよね。てことで。しばらく更新できないかもしれないのでごめんちゃい。

IEに入学金も送金し、送金した証明書もFAXし(・・・・このFAXがFedExでやったんだけど3800円もかかった!)、学校から「大丈夫です」って連絡をもらい、ほっと一息したところで、他の合格をいただいた2つの学校にも連絡を入れなければと気がついた。
(ここではたと気づく。もう一校、返事来てないが・・・。これはDingだったということで理解しました。)


なにせ、ドメドメ育ちのわたしにとっては、「断る」ということが(男女関係においては例外だが)苦手なのだ。


「他の人が好きになったから・・・・」とフルのは恋愛関係においてタブーとされる断り文句だ。かといって、
「あなたのどこどこが苦手なの」と指摘するのも、相手の感情を傷つけかねない。



しかし、やらねば。「放置」が一番よくないのだ。「やんわりと」且つ「丁重に」お断りするレターを書かねばならない。


First of all, it is my pleasure to know that my admission has been accepted by xxxx MBA.
When I visited xxxxx campus in January, I really enjoyed looking around the exclusively-well-organized campus
and talking to the professors and some of your students. I felt that I would be able to enjoy the campus life in xxxx with the open-minded and cheerful classmates and I would be able to successfully pursue an MBA with xxxxx.


However, considering some external factors, I regret to tell you that I have to decline the enrolment to xxxxx.
Please understand that it was quite hard decision to make as it effects my whole life.


Finally, I would like to say that I really appreciated your kind supports.


うん。上出来だ。「あなたが悪いわけじゃなくて、別れたいのは他の理由なの。今は仕事に専念したいの」系で。
しかし、次の日、ある学校から


「そのお知らせにわたしは驚き、Disappointedです、だってあなたキャンパスビジットして本当に楽しそうにしてたじゃない・・・。」
と、、、、


あああああああ(´Д⊂) !!!すいません!そりゃあよかったよ、キャンパスビジットも、学生さんと話すのも!でも、でも・・・。あいにく貯金も体も限られてるので、ひとつの学校にしかいけないんです。



でも、これも学校の今後のためになることだから、ぜひともそのWithdrawalした理由を教えてほしい、とのこと。これには、きちんと理由をまとめた上で誠実にお答えしたいと思います。
勿論、その学校も対応がきちんとしていて、施設的にもだし、人も内容もすごくいい学校だと思うからです。

会社のマネージャーにきのう「辞めますんで・・・」メールを書いたところ、早速今朝、出勤してきてから、「メールありがとう」と言いながら本を数冊持ってきてくれた。

それこそ、ジャック・ウェルチ、「ザ・ゴール」、ドラッガー等など、人気ビジネス書籍のオンパレードだ。こんな重いのに、たくさん持ってきてくれるなんて、なんてイイヒトなんだ。と感動する単純で幸せな私。ウェルチ系と「ゴール」はもう読んでたのだが、


「MBAが会社を滅ぼす」


MBAが会社を滅ぼす


というショッキングなタイトルの本は、ずっと読みたいと思っててまだ読んでいなかったので、有難く借りた。(もちろん、MBAとって会社を滅ぼそうなんてこれっぽっちも思っちゃいないんですがね・笑)


まだ最初の数ページしか読んでないのだが、MBAというものの誕生の歴史や、MBAでの教授内容の変遷などについて、MBAに対して懐疑的な立場をとりつつ書かれている、なかなか興味深い。


まだ最後まで読みきってないので感想は控えとくが、


ま、色んな意見がありますわね (ノ∀`) ってことで。


自分としても、MBAの裏や、MBAホルダーが陥りやすい落とし穴についても知っておくことは重要だ。


せっかく通勤時間が長くなったので(´Д⊂) 、電車の中で読むとしよう。
ちょっとこの先が楽しみだ。

先週、IEから封書が届き、Mailと同じ内容の合格通知と、一昨年からずっと色々情報をくれていたIEのAdmission担当の方からもおめでとうメールが届いた。
そして、さらに、日本人在校生の方たちからもメールが!!これはすごいウレシイし心強い。
やっぱり、「Life-long Network」なのだろう。もちろん、これからは日本人同士だけではなく、どんどん色んな国の出身の人たちともつながるわけだ。


チキンなわたしは、入学金を振り込んでもなお、合格したことをその段階に至るまで実感できてなかったのであった。
ちゃんと「これは夢じゃない」と自分で自覚してから周りの人にも伝えようと思ってたし、だから他の学校にも辞退の連絡はしていなかったのだ。


一昨日やっと、会社のお世話になった副社長、Managing Directorに結果報告。二人とも推薦状を書いてくれたので喜んでくれた。
それとともに、Managerにも最初から事情を話し、いつ頃退社します、みたいなことも伝えた。


5年間ずっと一緒に仕事をしてきたMDからは


「Then, you can come back here in Jan 2009?」


とプレッシャーをかけられたが、社費じゃないし、ね。笑  ゆっくり考えることとしよう。(社費ダシテクレルナラ、ハナシハベツダケド・・・)


思えば、英語できない、キャリアも中途半端なわたしにとっては、ホントに長い道のりだった。。。
周りにばれずに、仕事と両立させて受験勉強することがこれほど大変だとは思わなかった。
TOEFLはまだしも、あのGMATのじわじわと来る痛みは、ココロと財布へ大打撃を与えた。
それに、年末のエッセー地獄は、自分の英語力の無さを痛感したし、時間がもう無いし、なんか凹んでた時期でもあり、セラピスト?心理カウンセラーに頼ったこともあった。
楽しい旅行を装った面接の旅は、じっさい楽しかったが、エッセー書きながらひとりでホテルや移動手段も手配したので、どっかで手配ミスがあってもおかしくなかったため、最後までハラハラだった。


とにかく、昨年は一日の重みというものを、痛感した一年だった。


さて話は変わり、今日はIEの学生用ポータルにアクセスしてみた。
家探しからビザのこと、「スリに注意!」みたいなCaution的なものから、要はWeb版学生課、である。
まずログインすると、
「241 Days 19 Hours 2 Mins 31 Sec」
といった感じで、入学までのカウントダウン時計がある。コレ、気分的に煽られるなー。


で、まず興味のあるHousingの検索から入ってみた。
ルームシェアすると、だいたい学校のあるGREGORIO MARAÑÓNあたりでも500ユーロ以内であるよう。
一人暮らしで700ユーロを考えており、ちょっとイタイと思ってたので、やっぱりルームシェアが現実的そうだ。
Webだけじゃ全然分からないので、実際現地に行ってから決めるかな。


ただし、学生課からの注意書きで、


When visiting flats, the women should maximize their precautions, not that it will be dangerous, but you should not go alone, and if you do, then you should take all precautions so that nothing will happen.


えええーーー!!やっぱそうですか!ひとりで見学はやばいんですよね、スペインでは。汗
ハ━(´Д`;)━ァ… 先が思いやられてきた。。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。