上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.24 Feliz Navidad
今日はクリスマスイブ。

マドリーの町並みもきれいに装飾が施され、このちょっと野暮ったいヨーロッパの片田舎の首都も、さすがにこのときばかりは美しく洗練されて見える。

この15か月のここでの生活を振り返るにちょうどよいと思うので(年末だし)、振り返ってみると、日本で過ごす1年とはもちろん、格段に内容が濃かった。
海外、ということもあるし、さらに米英とはまた違うラテン文化ということもあるし、MBA留学、ということもある。

しかし、一番この1年間を濃~いものにしてくれたのは、友達だろう。

今日、一番大切な友達と最後のランチをしてきた。
一緒に朝早く学校に来て試験勉強したり、ふざけて飲んだくれて一緒に踊り狂ったり、学校帰りにビール何時間も飲み続けたり、オペラを観に行ったり、レティロ公園の芝生の上でケースを読んだり、数えきれない思い出を彼はつくってくれた。しかもそのほとんどが、わたし一人だったら絶対にしないであろうことばかりだ。

スペイン人のくせにスペイン人が嫌いで、大胆なくせに神経質で、いつも空気読まない人のことを「ああいうバカは嫌いだ」とか言っていた。自分だって空気読んでないくせに。

ありがとう。色んな思い出をありがとう。あまり無茶しないように。いつでも日本においで。と言って別れた。


MBAに来ると決めたのはいつだったかもう覚えていないけれど、あの時の判断は正しかった。
そして、IEに来ると決めたことも正しかった。

彼以外にも、たくさんの大事な仲間を見つけることができた。しかも、世界中から。だからちっともさびしい思いなんかしなかったし、いつも何も考えずに笑っていられた。
これが当たり前のように思っていたけれど、もしIEじゃなかったらまた違う経験になっていたんだろう。

そして最後に、マドリーという街。
ここの、青い空、乾いた空気、これがこのMBA生活をさらにゴージャスなものにしてくれたと思う。記憶の中のみんなの笑顔の上には、いつもこのバカみたいに澄み切った青い空があった。

Ciero



網の目に組まれた通りは、すっかり名前も位置関係も覚えてしまった。
ここはわたしにとって、とっても大事な場所になった。



さてこれで、このブログは終わりにします。
内容がほとんどないにも関わらず今まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
今後、この1年に負けないくらい、濃い社会人生活を送れたらいいな、と思っています。

Merry Christmas and a happy new year!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。